寿命占いより現実的!残りの人生時計アプリで平均余命を確認してみる

余命を見ることができるアプリ
B-SquAdのはゆま(@mshayuma)だっ!

自分があと何年生きることができるのか考えたことありますか?

「生きることはつらいこと」「息を吸って吐くだけで難儀」「楽しい思い出よりもつらい思い出の方が圧倒的に多いだろがよ!」が口癖で、あまり長生きしたくないと考える僕ではありますが、36歳にもなると自分が何歳で息絶えるのか、残された時間は何日で何時間で何秒あるのかが気になってくるものです。

そこで今回ご紹介するアプリが”あなたの「残り」の人生時計”です。

あなたの「残り」の人生時計

あなたの「残り」の人生時計
開発元:mamoru sasagawa
無料
posted withアプリーチ

 
このアプリ、流行の寿命を占うような胡散臭いアプリとは違い、厚生労働省の統計データをもとに自分の人生の残り時間を視覚的に表現してくれます。

自分の残りの人生時計をご紹介していいよなぁ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分の人生の残り時間を調べてみた

人生の残り時計トップページ

アプリをインストールして起動すると、いきなり画像の画面が表示されます。

生年月日を入力するということで、自分の生年月日を正しく入力していきます。

自分の生年月日を入力

性別も入力してOKをタップすれば、次の画面では自分の人生残り時間を知ることができます。

さて、あなたは自分の人生残り時間を

見る覚悟はできていますか?

自分の余命は?

ま、煽ってはみたものの覚悟などいらないのであっさり自分の余命を確認していきましょう。

僕の余命は・・・

人生の残り時間を表示
36歳(男)はゆまの余命

  • 残された大切な日数 16098日
  • 寿命予測 80.59歳
  • 残った時間 54%
  • 使った時間 45%

以上の結果となりました。

人生が終わるまでの残り日数、寿命、使った時間と残っている時間が数値化されているのでとてもわかりやすい。

僕はこのデータを見て「げ!まだ人生半分終わってないのかよ・・・」と軽くショックでした。

人生はつらくて長いなぁ!?

砂時計で視覚的に表現

このアプリの面白いところは自分の残り時間を砂時計のように視覚的に表現してくれているところです。

何気なく見たさきほどの余命画面ですが、砂時計のように黒い丸が下に向かって落ちています。

向かって上の黒部分は自分にまだ残されている時間で、下の黒部分は使い終わった時間という意味。

残っている時間と使い終わった時間

このように次々に下に向かって落ちていく「終わりかけていく1つ1つの時間」を眺めていると、自分の人生が限りあるもので有意義に過ごさないといけないという気持ちが生まれてくるから不思議。

時計の秒針が1秒1秒進むと同じように、我々の人生時計も1秒1秒消化していく感覚が目でわかる。

良い意味でいろいろ考えさせられるアプリですね。

スポンサーリンク

平均余命をもとに現在の年齢から再計算

人生の残り時間がどうやって計算されているか気になりますよね。

これは、厚生労働省が発表している各世代の「平均余命」をもとに、現在の年齢とを再計算して残り時間を算出しています。

平均余命は平均寿命と違い、その年齢の人が平均してあと何年生きることができるかを指標にしたもの。

アプリに「平均寿命」と「平均余命」それぞれの説明文があったので抜粋・引用させていただきます。

平均寿命

統計を取った年度の0歳児を対象にした数値。

2015年の平均寿命が

  • 男性 80.79歳
  • 女性 87.05歳
  •  
    となっていますが、これは2015年に産まれた0歳児が平均してその年齢まで生きることができると予測した指標です。

    平均余命

    平均余命とは、各年齢・各世代の人が「あと何年生きることができるのか?」という数値。

    この数値は各年齢の人にとって、より実際的な寿命予測になる。

    スポンサーリンク

    まとめ:アプリのコンセプトは「人生を見つめなおす」

    厚生労働省が発表したデータから自分に残された時間を確認することで、「人生をみつめなおすこと」を目的に作られたアプリです。

    あくまでも予測の数値ですので、それより寿命が早くも遅くもなるとは思いますが、たまにアプリで残った時間を確認して今後の人生設計に役立てていきましょう。

    限りある時間を有意義に使っていきたいですね。

    山Pがいつかのドラマで言ってた。

    「明日やろうはバカ野郎だ!」ってな。

    うるせーよ!!余計なお世話だ(なぜか最後にキレてみる)

    Amazonプライムでお買い物がお得!
    30日間無料体験のAmazonプライム


    スポンサーリンク



    data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
    data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
    data-matched-content-rows-num=”3″
    data-matched-content-columns-num=”3″
    data-ad-format=”autorelaxed”>




    デグー飼育のお助け情報ブログ
    「デグーまにゅある」

    デグー入門者必見です!








    はゆまが所属するブロガーチーム
    「B-SquAd」

    共同運営ブログB-SquAdを読んでみて!








    同期ブロガーのブログ読んでよ!
    俺悔

    同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




     

    はゆまのほしい物リスト

    おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

    本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

    ほしい物リストなんてみっともないわ!

    2 件のコメント

  • こんばんは、斉藤和義が「生きると言う事は死ぬまでの暇つぶし」で原発の事を「毒で作るエネルギー」と歌って居ます、こう言う風に生きて死んで行けたら素晴らしいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」