数時間談笑当たり前!?上司と仲良くなるためにすべき6つの方法

▼当ブログイラストスポンサー アルパッカ様


スポンサーリンク

上司と仲良くなる方法

僕は疑われています。

はゆま(@mshayuma)です。

何を疑われているかって?

上司と仲が良すぎて周囲から「良からぬ関係」と疑われています。

とある社員によると、「彼氏彼女」と呼ばれているようです。

まぁ、どっちが彼氏でどっちが彼女かはわからねぇけどな!

人と仲良くなることにこしたことはありません(会社に限らずな)

1日の3分の1、またはそれ以上の時間を拘束される会社という閉鎖空間において、最も仲良くしておいた方が良いと思われる対象が上司です。

同僚や部下とのコミュニケーションも重要ですが、上司と仲良くすることで会社員生活を円滑に円満に潤滑にスルスルっとヌルヌルっとうまくいくわけです。

上述しました通り、僕は疑われるくらい上司と仲が良いわけですが、先日もコンビニ前に車を止めて上司と3時間談笑して最終的には「はゆまの配信」にゲスト出演するくらい仲が良いわけです。

上司とは10年以上の付き合いですが、
どうやってここまで仲が良くなったのか?
どういう会話をしてきたのか?
仲の悪い上司と仲良くしたい!

と上司との関係性に悩む方に上司と仲良くなる方法をご紹介していいよなぁ!?
 

はゆま
上司と仲良くなって仕事も円滑に!

会社で嫌い(苦手)な人にあからさまな態度を取る大人との接し方5選

2018.05.19

出世をしたくない5つの理由!給与、残業、責任、退社、人付き合い

2018.03.14

35歳を過ぎたら仕事のやる気・気力がなくなるのは本当だった

2018.03.14

出張疲れと出張についての悩みとデメリット、上司の意味不明な一言

2018.03.09


みんなは上司と仲良くなりたいと思っているか?

上司と仲良くなりたい?
そもそもみなさんは上司と仲良くなりたいと思っているのでしょうか?

調べてみると、マイナビさんに詳しく載っていました。

仲良くなりたい 151人(68.0%)
それなりの距離感でいい 71人(32.0%)
引用:マイナビ学生の窓

アンケート対象は就職前の大学生ということで、会社員のリアルな意見は不明ですが、少なくとも就職する前の段階では上司と仲良くしたいという考え方をする学生が多いですね。
 

仲良くなる前にまずは仕事

上司と仲良くなるには仕事を頑張る
上司と仲良くなりたい云々の話以前に、仕事を頑張らないと仲良くなることは出来ません。

最初に優先すべきことは、仕事内容で自分を認めてもらうことです。

極端な言い方をすると、仕事さえしっかりすれば誰だって上司と仲良くなれるようになります。

仕事のどんな点に注意すればいいのかを挙げていきます。

報連相の徹底

同僚を見ていると報連相が出来ていない。

報連相というのは事細かくやるべきで、難解な仕事を自分の判断だけで解決し結局は判断ミスによりクレームにつながる、「仕事あるある」ですよね。

日頃の報連相はうざいと思われるほどした方が良く、上司からの印象も大きく変わってきます。

仕事の印象が悪いとプライベートの話などへ会話が発展しません。

極端な言い方をすると上司は「会社の人」なので、仲良くできるようになる前提として報連相を含む仕事をしっかりこなしていくことが大切です。
 

 

仕事を手伝う

上司は暇そうに見えますが(怒られるわ)、かなりの仕事量を抱えています。

管理職ですから部下の我々よりも忙しくないとおかしいわけです。

自分の仕事が終わったからといってすぐに帰るのではなく、上司に「何か手伝いますか?」くらいは聞いてから帰りましょう。

大半の上司は「大丈夫、帰っていいよ」と答えるので、そう言われたらさっさと帰りましょう(帰れることを計算済みで聞く)

案外こういう気配りが出来ない人が多いので、手伝おうとする姿勢から印象が変わってきます。
 

仕事の相談をする(考え方を共有)

仕事に対しての悩みや行き詰った仕事の相談を上司に言いにくい人も多いことでしょう。

人格的に破綻しているクソ上司なら話は別ですが、実際そこまで冷たい人はいませんし上司にも部下の監督責任があるので、まず相談に乗ってくれますよ。

自分で抱えている仕事でも少なからず上司の意向を汲み取った進め方をするべきなので、相談を通して上司の考え方を理解することも出来ます。

相談というのは基本的に別室で2人でじっくり話すことが出来るので、自分の考え方をしっかり伝えることが出来ると共に、上司からのアドバイスで業務知識を深めることが出来る点もメリットです。

ここで注意すべきことは、日頃の仕事内容が悪いと相談のはずがいつの間にか「説教」に変わってしまうので、日々職務を全うして上司に認められてから相談するのがポイントです。
 

 

良き右腕になる

上司の良き右腕になりましょう。

上司が困ったら最初に相談されるような存在になると、良き右腕と呼べるでしょう。

短期的ではなく長期的な目線で仕事を行えば、自ずと右腕になっていることでしょう。

スポンサーリンク

プライベートな会話をする

上司と仲良くなるためにプライベートな会話をする
ある程度コミュニケーションを取り続けると、今までかしこまって話してきた上司との会話も緊張しなくなり、会話に対するハードルがグッと低くなります。

仕事の休憩時間にガンガン話しかけてプライベートな話をしてみましょう。

上司が喫煙者であれば喫煙室に入って会話してみるのも良いと思います(副流煙が少し心配ですが)

仕事の話で盛り上がるには限界がありますしw

家での話

休みの日は何している?
昨日は〇〇に遊びに行った?

などいわば中身のない会話でかまいません。

異性の話

男同士が集まると最も盛り上がる話が異性の話。

異性ネタで盛り上がることが出来れば、すでに仲良しというイメージがあります。

そりゃあ周囲の人間に聞かせられない話もあるので、声のトーンは小さめにw
 

上司と仲が良くなることのメリット

上司と仲良くなることのメリット
上司と仲良くなるとメリットが多いですよ!ってことをお伝えしたい。

自分の意見が通るようになる

部課での自分の意志意見が他の同僚よりも通りやすくなります。

上司と仲が良いということは、「上司に信頼されている」ということなので意見を汲み取ってくれることが多い。

昇進(出世)しやすい

これが最大のメリットではないでしょうか?

管理職になると昇進させたい部下を上の人間に推薦することが出来ますね。

仲が良くなり信頼されると出世しやすいのは間違いない。

事実、僕が昇進して役職がついたのは上司が2年間ずっと僕を推してくれていたからでした。

嫌いな社員だったり信頼していない社員を推すわけありませんよね(僕の場合は嫌いな社員を降格させるかも!?)

情報が早く回ってくる

会話する機会が多い分、上司しか知らない情報を教えてくれることもあります。

他の同僚よりも早く情報を仕入れることが出来るため、時間的余裕があり事前準備もばっちり出来ます!

スポンサーリンク

パワハラやモラハラにお困りの方は

上司がパワハラ野郎で手に負えない時は仲良くしようなんて思わなくていいです。

一刻も早く会社のコンプライアンス窓口に相談しましょう。

相談しても一向に改善されない場合は転職を視野に入れてもいいでしょう。

上司に対して悩み精神的に病みながら行う仕事は効率の良いものではないし、何より自分が一番つらいですよね?

異動出来るに越したことはありませんが、異動願いが通らないようであれば1日の隙間時間にネットで転職活動してみましょう。




デグー飼育のお助け情報ブログ
「デグーまにゅある」

デグー入門者必見です!








はゆまが所属するブロガーチーム
「B-SquAd」

共同運営ブログB-SquAdを読んでみて!








同期ブロガーのブログ読んでよ!
俺悔

同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




 

はゆまのほしい物リスト

おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

ほしい物リストなんてみっともないわ!

4 件のコメント

  • こんばんは、私の会社は女性が多いし同じ部署でもう何年も働いていて身分も同じなので親しい人が多いですね、特に工場長とリーダーを中心にしたグループが私が見る限り一番仲がいいですね、同じ部署と言うのがあります、上司との関係は普通ですが私が会社は他人の集まりだからどうでも良いと思ってますがそれでも普通に挨拶ぐらいは出来たらと思ってます、あのリスとチーターがもうちょっと愛想良ければ・・・

      • リスとチーターと言うのは女性社員の事です、リスの方は愛想は良いのですが朝は挨拶しようと思って大きくは無いですが挨拶するとさりげなく無視されるし、チーターの方は何時見ても仏頂面、虫で言えばスズメバチ、人なら葉月菜穂と言うセクシー女優をキツくした感じで子供がいます、後者の方は用事があって話しかけても「あ”」と言う感じで返されそうですが今日は朝向こうから始めて挨拶をしてきました、リスの方は帰りはいつも残業で居るので帰り「失礼します」は言えますが朝の挨拶はなかなか出来ません、両方挨拶しない時もあれば朝挨拶すると帰り他の部署へ仕事で離れたりして挨拶出来ません、それでもしないよりはマシですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    札幌在住35歳。 社畜会社員兼フリーライター。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」 モットーは「ブログの毎日更新」