スマホが捗る!ロジクールK480レビュー!使い方とメリットは?

Bluetoothキーボードは捗る
 

はゆま
この記事は仕事をさぼって社内で書いています。

 
嘘です。
B-SquAdのはゆま(@mshayuma)だっ!

「なにを会社で堂々と物書きしているんだ?」って?

いやいや、もちろん会社の中で物書きしているわけではなく、Bluetoothキーボードをスマホに接続して車の中で記事を書いております(無線のキーボードのことです)

機種はロジクールK480です。

このBluetoothキーボードは「便利」という言葉以外に当てはまる言葉がないくらい「超便利」なので、

今回はロジクールK480のレビューとBluetoothキーボードを選ぶ際の注意点を説明していいよなぁ!?
 

PCのことならおまかせ
ゲーミングPCや普段使うPCのことならドスパラ

 

USB Type-Cケーブルはコンビニで売ってる!値段、変換アダプタも!

2018.03.24

ブラインドタッチ練習法!基礎から学ぶ6つコツで最速タイピング!

2018.03.21

フリック入力ができない!?コツとアプリ、3つのおすすめ練習法

2018.03.22


スポンサーリンク



スポンサーリンク

Bluetoothキーボードってどんな時に使う?

Bluetoothキーボードの使い道
「なんでBluetoothキーボードにスマホやタブレットを接続するの?」

「そのキーボード使う意味あるの?」

こんな風に思う方もいることと思いますので、使用目的を僕に紹介させて!
 

外出先でスマホやタブレットに接続して使う

例えば外出の多い営業マンはタブレットを持って移動することがあると思います。

タブレットでメモを取りたいと思った時に、タブレットで入力するよりも日頃慣れ親しんだキーボードで入力したい人も多くいることでしょう。

そして、僕のようなブロガーや物書きをしているライターさんなども同様に、ちょっとした空き時間にスマホやタブレットで記事を書きたいと思っても、フリック入力にイライラして「キーボードで入力したい!」という欲求にかられた経験が絶対あるはず。

そんな時に大活躍してくれるのがBluetoothキーボードなのです!
 

はゆま
スマホやタブレットでのフリック入力は効率が悪いからキーボードを使う!

 

ロジクールK480のメリットと使い方【レビュー】

ロジクールK480のレビューをメリットと使い方の観点からご紹介します。

厚さが20mm!持ち運びが出来て便利

ご家庭のデスクトップPCに接続するキーボードを想像してほしいのですが、カバンに入れるには大きすぎますよね?

ロジクールK480は持ち運ぶことを考えてコンパクトサイズで厚さ(高さ)も薄い20mmになっており、ビジネスバックやカバン、リュックに入れてもかさばりません。

重量も815gと軽い!

PC・スマホ・タブレットなど3台に接続(ペアリング)できる

ロジクールK480のメリット

ロジクールK480は接続先を最大3つ選ぶことが出来ます。

BluetoothキーボードをPCやスマホに割り当てる
1番にはPC、2番にはスマホ、3番にはタブレットとダイヤル1つで切り替えることが可能。

家ではPC用として、外出先ではスマホまたはタブレット用として使用出来ます。

Bluetooth接続ができるPC、スマホ、タブレットがあれば、このキーボード1つで全ての端末を操作できることも魅力的。
 

 

商品詳細
製品寸法:20mm × 299mm 195mm(高さ×長さ×奥行)
重量:815g
対応OS:Windows 7、Windows 8、Mac OS X 10.2.x 以降、Chrome OS、iOS、Android
引用:ロジクール公式


スポンサーリンク

タブレット・スマホ用スタンドがある

ご紹介した僕の所有するロジクールK480にはスマホスタンド(タブレットも可)があります。

キーボード上部には横に長い溝があります。

これは指が冷えた時に指を溝に入れて温めて・・・

ロジクールK480のスマホスタンド
 
あったけぇ・・・
 
という使い方の他にも(間違った使い方です)、この溝にスマホやタブレットを挿して角度をつけて見やすくするためのスタンドです。

机にスマホやタブレットを直置きすると見えにくいですが、このスタンドに挿せば「ミニパソコン」を操作している感覚で作業出来ます。

ロジクールK480のスマホスタンド活用

出典:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/multi-device-keyboard-k480


 

ペアリング(接続)設定が簡単ですぐに使える

Bluetoothキーボードといえど種類は多種に渡ります。

ペアリング(接続)するための設定とか面倒なんでしょ?とお思いの奥様。

いやいや、これがどのキーボードも簡単なんですよ。

同梱された説明書にも書いてありますが、設定自体は数分で終わります。

ロジクールK480は説明書がない代わりにキーボード上部に説明書きがあります。

ロジクールK480の説明書き

簡単な説明書きではありますが、慣れている人なら3分後には使用を開始することが出来ます。

iPhoneでもandroidでも設定自体に大きな違いはありません。

さらに1度接続した端末をキーボードが記憶するので次回使う際は設定は不要です。
 

はゆま
1度設定すれば後はすぐに使える!


スポンサーリンク

買う時に気をつけたいキーボード選びと参考価格

まず間違いなく言えることは安いキーボードはやめようね!ってこと。

実は以前にもスマホで入力できるようにBluetoothキーボードを買ったことがあります。

安物のBluetoothキーボードは買わない方がいい

これは1500円未満の格安キーボードですが、安すぎるキーボードの共通点としてサイズが小さすぎる点があげられます。

そのコンパクトさは荷物としてかさばらないというメリットもありますが、小さすぎてタイピングミスが多発しスムーズな入力が出来ません。

イライラしてキーボードよりもフリック入力した方が早いと感じてしまうほど。

スマホスタンドもついてはいましたが、あまりにチープな造りでバランスも悪く入力するたびにかたつきます。

「安物買いの銭失い」とは正にこのことを言うのだと思います。

後悔しないキーボード選びのための予算は、せめて2500円以上は見た方が良さそうです。

ちなみにロジクールK480はAmazonで2500~3000円、電器店では3000~3500円ほどで販売しています(ネット安すぎ)

最近では大きなサイズのキーボードでもコンパクトに持ち運べるように折りたたみ式も人気です。
iCleverの折りたたみキーボードなんかは口コミ評価も高くおすすめです。

 

はゆま
安いからと言って即決で買うのはやめようね!

まとめ

今回のおすすめはロジクールK480 Bluetoothキーボードでした。

Bluetoothキーボードをお探しの方にぜひ使っていただきたい逸品です。

 
PCでライティング作業されている方には「あるある」だと思いますが、pcに向かっても集中できない時ってありますよね。

僕は寝室の一角をPC作業部屋として使っていますが、どうしても集中できない時はリビングに移動してスマホにBluetoothキーボードを接続してライティング作業をしています。

環境を変えるだけで集中力が増して作業が捗る時があるから不思議。

いろいろな使い方が出来るBluetoothキーボード、本当に便利だよ。
 

奥さん
リビングでカタカタうるさいのだか!?

ティンク
うるさい!

しぃ
のだが!?

はゆま
すみません・・・

 

USB Type-Cケーブルはコンビニで売ってる!値段、変換アダプタも!

2018.03.24

ブラインドタッチ練習法!基礎から学ぶ6つコツで最速タイピング!

2018.03.21

フリック入力ができない!?コツとアプリ、3つのおすすめ練習法

2018.03.22


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>

次は何を読むか選択してね

  • 悩める社会人に:仕事の処世術
  • スマホに家具まで!:ガジェット関連
  • 有益なアプリを紹介!:注目のアプリ
  • 自分を磨きたい人は:資格とスキルアップ
  • 気づけをさらけ出す:生活での気づき
  • 日頃からのケアを:体と健康



  • デグー飼育のお助け情報ブログ
    「デグーまにゅある」

    デグー入門者必見です!








    同期ブロガーのブログ読んでよ!
    俺悔

    同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




     

    はゆまのほしい物リスト

    おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

    本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

    ほしい物リストなんてみっともないわ!

    4 件のコメント

  • こんばんは、使いやすいのが何よりですがキーボードを打っている時ってそんなに五月蠅いですか?良く聞くのがエンターキーを思いっきりタンッと音を立てて打つ人が居るそうですがそちらの方が五月蠅いのではと思います

    • 僕は結構力を入れて打ってるみたいですw

      エンターキーもちょっと強打しているかもしれません。

      キーがカタカタいう音でリズムに乗って打てることもあるので、なるべく音が出るキーボードを好みますw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」