フィリップスのシェーバー5000がおすすめ!特徴、静音、キャッシュバックも!

▼当ブログイラストスポンサー アルパッカ様

フィリップスシェーバー5000シリーズはおすすめ。特徴と静音とキャッシュバック
はゆま(@mshayuma)です。

フィリップスってかっこいいと思いません?

先日、読者さんからAmazonほしい物リストを通じてフィリップス(PHILIPS)のシェーバーをいただきました!

髭が濃いことがコンプレックスな僕ですが、いただいたシェーバーがあればその悩みも解消できそうです!

いただいたシェーバーはS5050/05 [シェーバー 5000シリーズ アクアテックブルー/ブラック]です。
 

 
僕自身フィリップスの製品を初めて使ったわけですが、その剃り心地の良さは最高でもっと早く使っておけば良かったと後悔するほど。

今回はフィリップスシェーバー5000シリーズの特徴や静音設計、キャッシュバックについて書いていってもいいよなぁ!?
 

はゆま
うっとおしくて面倒な髭剃りに別れを告げる!

スポンサーリンク

ここがすごいよ!フィリップス5000シリーズシェーバーの特徴

フィリップスシェーバー5000シリーズはおすすめ

滑らかな剃り心地

ヘッドの形状が丸みを帯びており、コンフォートカット刃が肌を傷つけることなくシェービングできます。

僕はアトピーで髭剃りと言えば「ちょっと痛い」「ヒリヒリする」という印象を持っていましたが、フィリップスのシェーバーは剃ってもヒリヒリせず肌の弱い人に向いていると言えます。

公式サイトには「カミソリよりも10倍肌にやさしい」という記載もあります。
 

はゆま
肌が弱い人でも全然痛くない!

ヘッドが5方向に動いて深剃り

フィリップスシェーバー5000シリーズはヘッドが5方向に可動する
5方向に独立してヘッドが可動し肌に密着します。

普段は剃りにくい首、顎のラインも剃り残すことなくスムーズに深剃りしてくれる。
 
フィリップスシェーバー5000シリーズのヘッドは様々な角度に傾く
 
髭を剃っても青髭が目立つ僕ですが、S5050/05は青髭も目立たないレベルに深剃りが可能です。

これで「やい!泥棒髭!」とバカにされずに済む(されたことないけど)
 

はゆま
肌に当てるだけでヘッドが滑らかに動く!

ドライでもウェットでもシェービングが可能

フィリップスシェーバー5000シリーズはウェットでもドライでもシェービングが可能
ドライシェービング、ウェットシェービング、どちらにも対応しています。

素早くササっとドライで済ませても可、お風呂でフォームやジェルを使ってウェット剃りしても可。

使い勝手が良いというのはこういうことを言うんだな。
 

はゆま
シーンに合わせて使えるよ!

長持ちするバッテリー、充電時間

充電に要する時間は8時間となっています。

連続使用可能時間は30分で、1度のシェービングに要する時間は約3分、フル充電すれば約10回分のシェービングがコードレスで行えます。
 

はゆま
充電時間はかかるけど電池の持ちの良さは遠出する時に重宝しそう!

スポンサーリンク

エントリーモデルなので価格が抑えられている

販売価格はAmazonプライム価格で4600円ほど(トリマーなし)

この価格で買えてしまうなんてコスパ最強です。

「やさしさと深剃りを備えたエントリーモデル」というのが謳い文句のお財布に優しいシェーバーです。
 

はゆま
こんなに使えるのに高くない!

グリップの持ちやすさ

フィリップスシェーバー5000シリーズは人間工学設計で持ちやすい
グリップは人間工学に基づいた設計なので持ちやすい。

手にしっくりくる曲線を描いています。

人間工学は今流行りだし、人に負担をかけないように分析がなされています。
 

はゆま
握った瞬間、手にフィットする!

水洗いでお手入れ簡単!

お手入れは水で本体丸洗いでOK。

洗う際も本体カバーをワンタッチボタンで開くことができ、水でザっと洗えば髭が残らず流れていきお手入れも簡単です。

 
フィリップスシェーバー5000シリーズは水洗いでお手入れ簡単
 

はゆま
ワンタッチでカバーが開くから手が汚れない!

刃は2年使える

購入から2年間は刃の交換は不要で長持ちします。

2年ごとにSH50/51と交換することを推奨しています。
 

静音設計

シェーバーから発する音って結構大きいですよね。

シェーバーの種類によってはとてもうるさく感じることがあります。

今回フィリップスのシェーバーを使ってみてのファーストインプレッションは音が静かだということ。

今まで使ってきたシェーバーは、長年使い続けてきたいわば「型落ちモデル」なのでうるさいのは仕方ありませんが、そこを踏まえてもフィリップスシェーバーは静音設計だと感じます。

どれくらい騒音に差があるのか、騒音計アプリで計測して比べてみました。

比較機種:Panasonic ES-SF21(生産終了品)

2018年3月現在Amazonで6900円で販売しています。

計測環境:常時3~5dB(デシベル)の静かな部屋、スマホから1m離した状態で記録

まずPanasonic ES-SF21から見ていきましょう。
 
Panasonicのシェーバーの騒音計結果
 
結果は47dBでした。

続いてフィリップスシェーバーS5050/05はこちら。
 
フィリップスシェーバー5000シリーズは静音設計で静か
 
結果は27dBでした。

スマホアプリということで100%信頼できる数値ではないものの、20dBの差があることがわかりました。

20dBという数値は木の葉が触れ合うガサガサした音と同じ大きさ(引用:http://www.geocities.jp/fkmtf928/index.html)ということで、木の葉なんてうるさくないじゃん!と思う方もいらっしゃるでしょうが、体感的には雲泥の差です。

フィリップスシェーバー5000シリーズは静音対策も施されており、使っていて音が気になるということは全くありません。

スポンサーリンク

期間限定キャッシュバック

現在フィリップスでは対象製品を購入した方全員に、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを展開中です。

キャンペーン期間は2018年2月13日(火)から2018年4月15日(日)までで、応募締め切りは2018年4月30日(月)までとなっています。

キャッシュバック応募ページから応募用紙PDFをダウンロードして購入した際のレシート貼って投函すればもれなくキャッシュバックを得ることが出来ます。

今回ご紹介した5000シリーズであれば3000円のキャッシュバックになります。

5000円以下で購入できるのに3000円のキャッシュバックがあるなんてお得だ(*’▽’)
 

まとめ

あすそとトレードマーク
というわけで髭の濃さに悩む僕が太鼓判を押すフィリップスシェーバーをご紹介しました。

扱いやすく音も静かでコスパも良いフィリップスシェーバーをぜひ体感していただきたい。

まじでおすすめなんで試してみ!

Amazonプライムでお買い物がお得!
30日間無料体験のAmazonプライム


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>




デグー飼育のお助け情報ブログ
「デグーまにゅある」

デグー入門者必見です!








はゆまが所属するブロガーチーム
「B-SquAd」

共同運営ブログB-SquAdを読んでみて!








同期ブロガーのブログ読んでよ!
俺悔

同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




 

はゆまのほしい物リスト

おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

ほしい物リストなんてみっともないわ!

2 件のコメント

  • こんばんは、キャッシュバックってあるのですね。珍しい、私は風呂に入った時に髭を剃りますが最初にシェーバーで剃ってから普通のカミソリで剃ります。先日新しい刃に替えて髭を剃ったら唇を切ってしまい床屋へ行こうかどうか迷ってます。今はもう血は止まってますがまだちょっと痛いです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    札幌在住35歳。 社畜会社員兼フリーライター。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」 モットーは「ブログの毎日更新」