出世をしたくない5つの理由!給与、残業、責任、退社、人付き合い

▼当ブログイラストスポンサー アルパッカ様

出世したくありません
はゆま(@mshayuma)です。

もう出世とかよくね?

こんな僕でも現在の会社に入社して以来、出世をして役職というものがあります。

30代でも出世の早い人であれば中間管理職に就く方もいらっしゃると思いますが、僕は出世したい欲というものがまったくなくなりました。

「男は出世してナンボだ!」と言う会社の諸先輩方を多く見てきましたが、歴代の上司を見ばれ見るほど「出世って嫌だなぁ・・・?」と思わずにはいられない。

僕が出世をしたくないと思う理由を語ってもいいよなぁ!?
 

はゆま
人生って出世だけじゃないと思うんだ!
注意
全ての会社で適用される話ではありません

スポンサーリンク

給料はそんなに変わらない

出世しても給料はそこまで変わらない
出世をしたところでそこまで給料が変わらない上司を多く見てきました。

積み上げてきた実績が評価されての出世は誇らしいことではありますが、「お金」ということに着目してみると出世する前と比べても劇的に給料が上がるわけではない。

残念なことに出世したのに給料が下がる人もいますよね。

出世しても小学校低学年のお年玉くらいしか給料が上がらなかった時の虚しさたるやハンパない。
 

はゆま
出世しても缶ジュース30本しか買えないってか!

残業代がつかない

出世すると残業がつかない
管理職ともなると残業代がつかないようになりますね。

労働基準法にも「管理監督者には残業代を支払わなくてもよい」と明記されています(労働管理者=管理職なのかは難しいところではあるが)

僕の上司を見ていると課長になった現在よりも、残業代をもらっていた係長時代の方が年収が高い。

これは表向きには出世・昇進、裏を返せば「コストカット」に他ならない。

僕には管理職とは名ばかりで、会社のいいように使われているとしか思えないのです。

残業代よりも自分で稼いだ方が絶対効率が良いし気分が楽。
 

はゆま
もう少し法整備した方が良いよなぁ!?

責任のみが重くなる

出世すると責任が重くなる
給料は以前と大差ない、または以前より下がっているのにもかかわらず、責任だけはより重くなってきます。

会社「お金の代わりに責任をあげちゃーう」

自分のミスも部下のミスもぜーんぶ自分の責任の下での管理は大変。

上からも下からもサンドイッチ状態で、心が休まる暇がなさそう。
 

はゆま
安月給で責任が重いのはちょっと・・・

スポンサーリンク

退社時間が遅すぎる

出世すると退社時間が遅くなる
「35歳になって仕事が無気力」でも書いた通り、最近の僕はなるべく残業を避けています。

35歳を過ぎたら仕事のやる気・気力がなくなるのは本当だった

2018.03.14

しかし、上司の退社時間を日報で見てみると21~22時が当たり前。

そこから家に帰ってもご飯を食べて寝るだけで1日が終わるでしょう。

仕事へのモチベーションや考え方の違いで意見も大きく変わるでしょうが、僕は仕事に自分の時間をそこまで捧げたくないのです。

ただでさえ8時間拘束されているんだし、メリハリある仕事をして有意義なプライベートを過ごしたい。

仕事にすべての時間を捧げるなんて人生がもったいねぇよ。
 

はゆま
家帰って寝るだけの毎日は正直しんどい

人付き合いが面倒

出世には人付き合いが必要
出世する人の共通点として人付き合いの上手さが挙げられる。

特に上から可愛がられる人は出世しやすい。

出世したいがために上の人のご機嫌を伺いながら仕事する。

こんな仕事の仕方はしんどいと思うよなぁ。
 

はゆま
過剰にペコペコしたくない!

まとめ

あすそとトレードマーク
少しありがちな内容になってしまいましたが、以上の理由で出世したくねぇなぁ!?といつも思うわけです。

これ以上出世しないでブログで丸儲けする生活が僕にはちょうどいいんじゃないかな。

15年近く働いてきて今さらだけどさ、俺って組織に属するの向いてなくね?


スポンサーリンク






同期ブロガーのブログ読んでよ!
俺悔

同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




当ブログのスポンサー様

▼【イラスト提供】アルパッカ様

はゆまのほしい物リスト

おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

ほしい物リストなんてみっともないわ!

はゆまのnote

はゆまのnote

2 件のコメント

  • こんばんは、返ってくる時間が遅いと言えば私の母方の従兄弟の兄ですが、朝は4時ぐらいに出て行って帰って来るのが夜中の二時、たまの休みが少しあるぐらいで毎日そんな生活が何年も続きました、見かねた叔母が「こんな事をしていたら何れ死んでしまうからこの仕事は辞めた方が良い」と言ってましたが辞めませんでした、ようやく次が見つかって新しい仕事に就いてからそう言う事は無くなったようです、その当時は課長だった様です、大学は出ておらず、高校は地元の進学校でした。今は結婚していて、最近実家を出て行ったと言う事ですがこう言う話はどうなんでしょうか・・・

    • それはブラックですねぇ・・・

      僕もそんな毎日を経験したことがありますが、二度とごめんです・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    札幌在住35歳。 社畜会社員兼フリーライター。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」 モットーは「ブログの毎日更新」