焼肉屋で肉を注文しないで石焼ビビンバだけを食べて虚しくなった

どーも!

ブロガーのはゆまです。
よろしくお願いします。

昨夜、仕事と仕事の合間に上司、同僚2名、僕の4名で焼肉屋に行きました。

しかも、上司が会社から晩御飯代をもらったとのことで
タダ飯という好待遇。

職場の人と一緒だけど、
「焼肉食べれるからまぁいっか、ラッキー」
くらいに思っていました。

しかし、なぜか焼肉を焼く網がキレイなまま帰ることに。

なぜかというと・・・・。



スポンサーリンク

痛風?焼肉食うのに気にするバカいるかよ!

yn出典:http://basement-times.com/t-ssue/
過去記事にも書いた通り、
数日前に慰労会がありました。

関連記事

今回来た店も慰労会を開いた時と同じ焼肉屋。

少しお値段の高い調子こいた焼肉屋なのですが、
今回はタダ飯なので食べる気満々でした。

痛風持ちだけど肉は食う!と気合を入れた僕でした。
 

予算を聞いて驚愕

メニューを見ていると上司が驚きの発言をします。

「会社からもらった金は
 
 
3000円だ!( ー`дー´)キリッ」
 
 
(;゚Д゚)
 
 
ここに来て爆弾発言。
 

焼肉屋に大の大人4名で所持金3000円。

いや、各々お金は持ってきてましたよ?

でもね、安月給の会社員だから
なるべく自分のお金は使いたくないじゃない?

そこからメニューと睨めっこをする時間が続きます。

スポンサーリンク

メニュー選びに悪戦苦闘

ここまで真剣にメニューと向き合ったのは
人生で初めてではないでしょうか?

せっかく焼肉屋に来たのだから
肉はどうしても注文したい!

どうせなら肉と一緒にライスが食べたい。

しかし、単品は高い。

メニューの端っこに
ディナーセットなるものを発見しました。

ディナーセット詳細

・カルビ
・サガリ
・ホルモン
・ライス
・キムチ
・スープ

お値段は、
1580円。

・・・(´・ω・`)

肉を注文してしまうと
どうやっても予算からはみ出る。

検討に検討を重ね、
我々は全員、石焼ビビンバ
注文することに相成りました。
 

顔色を伺いながらの注文

店員さん(若めの女性)を呼んで注文します。

「石焼ビビンバ4つ」

店員さん「石焼ビビンバ4つですね、ピピピ」

~数秒の沈黙~

沈黙してる最中に店員さんの顔を見ると、

「で?」って顔してる。

「で?」という顔にはこんなメッセージ性が込められていた。

「それから?」

「肉は何を頼む?」

「早く言えよ」

みたいなメッセージを僕はしかと受け取った。

上司「以上で」

店員さん「・・・かしこまりました」

困惑気味の店員さん。

スポンサーリンク

まわりを見渡せば肉、我々はビビンバ

ib出典:http://mr.gnavi.co.jp
15分ほど待ち、石焼ビビンバが我々の席に運ばれた。

うん、普通においしい。

しかし、まわりを見渡すとみんな
肉を食っている。

石焼ビビンバおいしいけど、
焼肉屋で肉が食べれないということが
こんなにも虚しいことだなんて。

まわりを見渡さない努力をして、
あの黒い石鍋だけを一点に見つめながら
我々は黙々と食べた。

会話もせずに。
 

まとめ

結局、焼肉屋に行ったものの、
肉を焼かなければ網も汚さなければ
網に火をつけることもなく
石焼ビビンバのみを食べた。

この話を翌日にいろいろな人に話して回ったが、
みんな爆笑してくれた。

その点だけはおいしかった。


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」