安室奈美恵の引退はサラリーマン的にはショックはなくただうらやましい

どーも!

ブロガー兼フリーライターのはゆまです。

歌手の安室奈美恵さんが来年9月に引退すると発表しましたね。

中学生のころ、アムラーという言葉が大流行し、
その後もヒット曲を連発。

1990年代後半~現在までの日本音楽界に
多大な影響をもたらした功労者とも言えましょう。

そんな安室さんの引退でショック受けている人、
ところが僕はただただうらやましいと思ってしまってる件を語る。

エンタメ関連記事



スポンサーリンク

 

引退の理由は?

an出典:http://geinou-kansatsu.com/amuro-namie/

直接的な引退の理由はわかっておらず、
本人のみぞ知るといったところ。

歌もダンスもまだまだ一級品で第一線を走り続け、
早すぎる引退と感じてしまいますね。

菅義偉官房長官も21日の記者会見で
「非常に寂しく、残念な思い」とコメントしたからも
その影響力の大きさを感じます。

ツイッターを見ていると一般人はもちろん、
芸能人からもショックの声が多数見受けられます。

木下優樹菜もインスタグラムで泣いていたみたいだし(批判されるのも理解できる)、
安室ちゃんのカリスマ性って改めてすごかったんだなと感じました。

 

サラリーマンの俺からすればうらやましい

歌番組数が多かった学生時代、
安室ちゃんの歌を毎日のように耳にしており、
売れるのも納得!みたいな感想を持っていた僕ですが、
今回の引退報道を受けて率直な感想は、

うらやましくて仕方ない。

勤続年数10年以上の僕みたいなサラリーマンからすると、
引退という二文字がうらやましく、いわば憧れ。
 

引退=一生分の稼ぎがある


安室ちゃんの性格をよく知るファンの間では
上記のような「二度と芸能界に戻らないであろう」という意見もあります。

二度と戻らないということは、
今後生きていく上で困ることのないほどお金があるということ。

芸能人は特殊な仕事だし、人に見られる仕事というプレッシャーは計り知れない。

その対価として高額なギャラをもらっているのも頷ける。

引退後は京都市内に移住?という情報も出ており、
京都市内に2億円のマンションを昨年秋に購入したという
ニュースも出ている。

2014年にライジングプロダクションからの
独立騒動が泥沼化と報じられた際、
安室奈美恵の年収は6億という
ニュースも流れ話題になりました(Yahooニュース)

6億から税金で半分もっていかれても3億。

デビューから25年、
下積み時代を除いても3億を10年以上稼いでいるだろうから
お金はあり余っているに違いない。

スポンサーリンク

お金がいくらあれば今後の生活は安泰?

働かずに一生暮らすためにはいくら必要か?
必要な貯金額を調べてみた。

必要な貯金額はいくら?

25歳から定年65歳までの支出を合計すると
おおよそ1億1866万7040円となる。

ここに定年後に必要と言われる3000万を足して
1億5000万円程度あればとりあえず一生食うには困らないと思われます。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2135230817617753101

1億5000万円という金額は、
月60万の貯金を20年以上続けた場合に貯めることができる。

とてもじゃないが現実的に考えて60万の貯金は無理。

しかも、現代の社会では昇給やボーナスが見込めないケースも多く、
働いても働いても一向に貯金が増えないという問題も深刻。

よほどの大企業に勤めるサラリーマンでない限り、
1億5000万円は到達不可能な数字と言えます。
 

仕事引退は人生にプラスだけではない


 
サラリーマンはなぜ会社を辞めたい、
または仕事を引退したいのか。

安月給でしんどい、上司がうるさいなどいろいろ理由がありますが、
引退=楽しい生活が待っているわけではない

無職というのは楽しいことばかりではないようで、
やりがいのない毎日に飽きてしまうことも。


 
お金があってもそれ独特の虚しさというものがあるそうです。

安月給社畜社員の僕には到底理解できませんが(;´∀`)

まぁ、適度に仕事をしないと
張り合いのない毎日で刺激もないしどんどん憂鬱になりそうではある。

精神衛生上よろしくなさそう。

僕の休日ですら、
1日なにもせずに寝ていたら
「俺なにやってんだろう( ^ω^)・・・」
かなり憂鬱になりますもの。

 

僕も仕事を常に引退したいと思っている

「仕事をしたくないから辞めたい」ということに固執せず、
 
好きなことで生きていきたいから仕事を辞めるというのが現代の考え方。

僕も日々思います。

ブログやライターで食べていきたいなぁって。

現在の会社員の給料とわずかなブログ収入で
「私、明日仕事をやめます( ー`дー´)キリッ」と奥さんに宣言しても
「てめーなめてんのか?」と一喝されます。

好きなことで生きていけたらどれだけ良いことか。

好きなことを仕事にしてもつらいことが多いと思うけどね。

それでも日々会社でやりたくない仕事をやるよりマシだろう。

コツコツ地道に一歩ずつ頑張っていこう。

エンタメ関連記事


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」