HTC U 11レビュー!美しい外観とHTC10とのスペック比較、新機能も。

LOWYA新生活特集

どーも。

はゆまです。

今日、仕事帰りにスマホの機種変更をしてきました。

今まで使用していたHTC10から
2017年7月7日に発売したHTC U11に変更してきました。

使用12か月で機種変したので、
少し割高になってしまいました(;´Д`)

台湾メーカーだから売れない!など散々言われ続けた
HTCですが、僕ははHTCの商品が大好きです。

富士通からHTCのスマホに変えた時は、
あまりの使いやすさに感動したものです。
(富士通があまりにひどかったかも?)

今回は、洗練された美しいHTC U11のデザインと新旧機種のスペック比較、
ギュッ!と握るだけの新機能?を真面目にご紹介。


デグー さん
ギュッてなにさ?ギュッて


スポンサーリンク

 

洗練されたHTC U11のデザイン

帰宅して本体を取り出すと
まず箱がめっちゃかわいい。
htc11box
スマホカメラで撮影したので画質がアレですが、
部屋の小物入れに使いたいくらいかわいい箱です。
捨てるにはもったいないくらい。

付属としてハイレゾイヤホンとスマホケースが入っています。

前機のHTC10にハイレゾイヤホンが付属されたことは
私の中では革命的に思えましたが、今ではそれもお約束になりつつありますね。
htccase
スマホケースは安っぽさ全開ですが、
柔らかいプラスチックで使う分には十分です。

ケースがつくスマホもなかなか少ないのではないでしょうか?

そして、外観。
htc11

前機種HTC10とHTC U11とでは、劇的に刷新された点がないように感じられますが、
リキッド・サーフェイスガラスを使用し、光学スペクトル・ハイブリッドカラー技術を採用。
光を反射して光沢のある鮮やか且つ高級感漂うデザインになっています。

画面サイズが5.5インチと一回り大きくなりなったことで、
手の小さい人には持ちづらくなったように思えます。

僕も男性にしては手が小さいので、
持ってみて「少し手に余る」という印象を受けました。

女性よりは男性向きの機種と感じます。

保護フィルムをキャリア会社(docomo、au、softbank)で
購入しようと考えていましたが、
1枚2000円でぼられるような高額だったので
ネットや電気屋で購入するのが無難です。

 

 

スペック比較

spec

内蔵メモリ容量(ROM)は倍に向上。
重さも10g重くなったものの重さは感じられません。
内カメラが1200万画素に大きく向上しています。

これは驚くべき進化ですね。

動作の軽さにも感激。

HTC10にはなかったサクサク感が得られ、
ストレスフリーな動作を実現しています。

防水機能が備わったこともプラス材料。

HTC10と電池容量が同じなので、
電池持ちの悪さが少し気になるところ。

電池持ちさえ気にしなければ、
使いやすいさは圧倒的にHTC U11が上と言えます。


スポンサーリンク

 

新機能「エッジ・センス」

エッジ・センスという新機能を採用しています。

これはHTC U11を少し強めにギュッと握っただけで
自分の好きなアプリを起動させる事ができるというもの。

よく使うSNSなどのアプリを予め割り当てておき、
ギュッと握ればすぐ起動。

これは今までにない時短な機能で便利です。