石毛 宏典モデルバットをゲット!自打球で2度と使わなくなった話。

はゆま(@mshayuma)です。

プロ野球が熱い季節。

広島東洋カープが今年も強く、すでにマジックが点灯。

一方、我が地元、北海道日本ハムファイターズは全然ダメ、弱すぎる。

今ではすっかりコンサドーレ札幌派の僕ですが、小学生時代は少年野球チームに所属していました。

区の選抜選手に選ばれたこともあり、特に下手な選手ではなかったと思いますが、とあるバットを手に入れたことで、調子にのって痛い思いをした話をしていいよなぁ!?



スポンサーリンク

夢に追い風!?バットの懸賞に挑戦

デグーさん
小学生の時に大事なバットで痛い思いをした話!

小学校から帰ってきては、雨の日も風の日も壁に向かってボールを投げた。

ただそれだけをひたすら毎日続けることができるくらい大好きだった野球

当時、父が小学〇年生という月刊雑誌を毎月買ってきてくれていた。

その本の最終ページに「今月のプレゼントコーナー」>があり、1つのアイテムに目が止まりました。
 
西武ライオンズ 石毛 宏典(いしげひろみち)モデル
木製バット 1名様
 
当時、黄金時代の西武ライオンズ。

そのライオンズ、不動のサードでキャプテンの石毛、背番号7。

ishige

出典:http://blog-imgs-29.fc2.com/8/9/d/89dendou/7ishige05.jpg

石毛が使っているバットを、子供用にショートスケールにした木製バット。

どうしても欲しくて、普段は応募しない懸賞にチャレンジしてみた。

俺がこのバットを得れば、ホームランを量産して、西武にドラフト1位指名されるだろう!

しかし、全国発売している雑誌で、且つ、当選者1名の狭き門。

それまで懸賞で当たった物と言えば、もれなくもらえるドッジ弾平ハチマキ。

danpei

出典:http://blog.goo.ne.jp/higejin/e/3d0a9d27cadc8b8a70f3e771ed6b31b4


 
スーパーのクジで当たった牛乳1L×3本。

そんな地味な物しか当たったことがありませんでした。

半ば諦めながらも少しの淡い期待を抱きながら、汚い字で書いたハガキをポストに投函した。

 

忘れた頃に石毛さんがやってきて、プロ野球選手の仲間入り?

応募してから数か月が経ち、応募したことすら忘れていました。

ある日、学校から帰宅すると、何か大きめの段ボールが僕宛てに届いていた。

なんだろう?

段ボールを開けてみると、
 
 
 
なんと石毛モデルバットが入っている。
 
 
 
まさかまさか、全国で1名にしか当たらないバットが、この北海道は札幌市の僕のところにやってきた。
 

gattu

出典:https://ameblo.jp/eigyoulove/entry-12273179644.html


 
激しい競争をくぐり抜け、海を渡って俺の元に届いたこのバット。

なにかしらの理由があって、俺の手に渡ったといって過言ではない。

将来はプロ野球選手待ったなし。

 
 

dorafuto

出典:https://ameblo.jp/eigyoulove/entry-12273179644.html


 
 

俺は、バットという名の「ドラフトへの切符」を手にしたも同然だった。

 

パグさん
その時の喜びようたるや、半端ではなかった!

 
 

バットを手にしてから災難続きで俺は石毛にはなれなかった

しかし、現実とは残酷なものでバットを手にしてからというもの、バッティングセンターに行く度に、災難が僕を立て続けに襲った。
 

亀裂ボールでナックルボール

石毛モデルバットを持って、バッティングセンターに足を運んだ。

このバットならホームランは当たり前。

そんな暗示にかかっていた僕だったが、とんでもない魔球に遭遇する。

ボールがこちらに向かって放たれた瞬間、ボールがゆらゆら揺れ始めた。
 
 

nakkuru

出典:http://neurotracker.jp/blog/2016/02/03/20160203/


 
魔球ナックル!?えげつない変化に翻弄され体が硬直。

「だめだ、打てない!見送ろう!」と感じたその瞬間、
 
 
 

deadball

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1469536024


 
 
 
まさかのバッティングセンターでデッドボール。

想定外すぎて呆然としました。

原因は、ボールの2/3に亀裂が入っている不良品でボールが真っすぐ飛ばなかった。

とりあえず怪我はなかった。
 
 

秋山幸二ばりの自打球

後日、またまたバッティングセンターへ。

今度こそ石毛の魂が宿ったこのバットでホームランを!

ボールが来た!

これは打てる!
 
 
 
 
どりゃぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
 
 
 
 

zidakyu

出典:https://www.youtube.com/watch?v=76Lo_lTCUHQ


 
 
自分で打ったボールが自分の右目に直撃。

まさかの自打球。

1991年7月24日、オールスターゲーム第2戦の秋山幸二ばりの自打球。

悶絶。

翌日、目のまわりが真っ青。

まるで昭和のアニメの殴られた後みたいになった。
 

出典:http://bokete.jp/boke/25047220


 
 
腫れが引くまでは、
「なんだかかわいそうな子供」みたいな視線を感じた。
 
 

まとめ

自打球が理由で、僕のプロ野球選手への道が途絶えた。

それから僕は石毛を恨んだ。

石毛には何も非がないのに、一方的にな!!

というのは冗談ですが、車庫の奥深くに封印してしまいました。

さよなら、僕のベースボールライフ。

Amazonプライムでお買い物がお得!
30日間無料体験のAmazonプライム


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>




デグー飼育のお助け情報ブログ
「デグーまにゅある」

デグー入門者必見です!








はゆまが所属するブロガーチーム
「B-SquAd」

共同運営ブログB-SquAdを読んでみて!








同期ブロガーのブログ読んでよ!
俺悔

同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




 

はゆまのほしい物リスト

おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

ほしい物リストなんてみっともないわ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」