ビストロボスシリーズの味とカロリーは?コンソメスープをレビュー!

ビストロボス コンソメ

B-SquAdのはゆま(@mshayuma)だっ!

2018年9月18日より、コーヒーでお馴染みBOSS(ボス)の新シリーズとして、「ビストロボス」がラインナップに加わりました。

はゆま
新しいコーヒーか!
どんな味かなぁ!?
ゴクゴク・・・

はぁ!?なんですけど!?

コーヒーじゃなかったから紹介してもいいよなぁ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビストロボスシリーズとはスープです(自動販売機限定)

ビストロという言葉はフランス語で「小さな料理店」という意味を持ちます。

なぜコーヒーのボスにビストロという言葉がついたのでしょうか?

小さな料理店のシェフ
うちの店の看板メニューはコーヒーだよ!!

料理店のくせにコーヒーが看板メニューだとなんだか納得いかないので、ビストロボスについて調べてみると、中に入っているのはスープでした。

そして、僕が今回飲んでみたのはビストロボス スパイシーコンソメスープです。

ビストロボス スパイシーコンソメスープの味とカロリーは?

飲んでみてのファーストインプレッションは超濃厚だということ。

それもそのはず、サントリーの商品説明にこう書いてありました。

コーヒーづくりで培ったコク出し技術を使い、コク深い味わいに仕上げました。
引用:https://www.suntory.co.jp

コーヒーのコクを出すための技術をスープ作りに活かしたということで、超濃厚の理由ここにありといったところ。

ガツンと主張するコンソメに、ほんのり玉ねぎとビーフの旨味が混じり合っておいしい。

カロリーは100グラムあたり5〜13kcalと低カロリー。

185グラム缶で飲み切りサイズも良いですね。

寒い季節にはピッタリなスープとなっています。

はゆま
これからの冬はありがたい存在になりそうだ
スポンサーリンク

ビストロボスシリーズは全部で2種類

ビストロボスは、スパイシーコンソメスープの他に、コク旨い、粒たっぷりコーンスープがあります。

コーンスープもコーヒーづくりのノウハウを活かしたコク深い味わいで、程よいとろみ感で仕上げたことでより粒の食感を楽しめるように工夫されています。

「ボス」という先入観からくる違和感

ビストロボスは一見コーヒーと勘違いしてしまうデザインです。

「BOSS」の文字が大きく書かれたデザインの缶を手に取ると、コーヒーを持っているという錯覚に陥ります。

ボスといえばコーヒーというイメージが強すぎるので、飲んだ瞬間、わかっていながらも「コーヒーじゃないんだ!」という違和感を覚えます。

このデザイン、ドッキリに使えそう。

はゆま
新しいボスのコーヒーだよー!!

パグさん
ゴクっ!
え、何これ!?

まとめ

スポンサーリンク

 
「見た目はコーヒー、中身はスープ」

まるで名探偵コナンのようなビストロボスでした。

低カロリーで冬にもってこいの商品なので、1度飲んでみて!


スポンサーリンク



data-matched-content-ui-type=”image_sidebyside”
data-matched-content-ui-type=”image_card_stacked”
data-matched-content-rows-num=”3″
data-matched-content-columns-num=”3″
data-ad-format=”autorelaxed”>

次は何を読むか選択してね

  • 悩める社会人に:仕事の処世術
  • スマホに家具まで!:ガジェット関連
  • 有益なアプリを紹介!:注目のアプリ
  • 自分を磨きたい人は:資格とスキルアップ
  • 気づけをさらけ出す:生活での気づき
  • 日頃からのケアを:体と健康



  • デグー飼育のお助け情報ブログ
    「デグーまにゅある」

    デグー入門者必見です!








    同期ブロガーのブログ読んでよ!
    俺悔

    同期ブロガーのブログ。競輪や動画サイトの情報がいっぱい!読んでみて!




     

    はゆまのほしい物リスト

    おこがましいよね、ほしい物リストを公開する奴。

    本当に軽蔑するわ、ほしい物リストを公開する奴。。

    ほしい物リストなんてみっともないわ!

    2 件のコメント

  • こんばんは、自販機で変わったものといえばポッカのプリンシェイク、10回振ると中のプリンが
    砕けて飲めます。メーカーで見なくなったのが資生堂とフジサワの自販機です。そう言えば駅には昔
    大塚製薬の自販機が有りました。山田邦子がCMをしていた「ファイブミニ」今もう何処に行っても売ってません、アースやフマキラーと言ったメーカーが食品事業に参入したらどうなるのでしょう?

    • ファイブミニは売ってはいますが、出回る量が間違いなく減ってますね。
      おいしかったですよね、あれ。

      アースやフマキラーが飲料を出したら、「虫は怖くない」という耐性をつけてくれる効果がありそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    月間5万人が訪れるブログ「あすそと」 札幌在住36歳の会社員兼ブロガー。 10歳年下の奥さんとデグー(ネズミ)2匹と暮らしています。 19歳からブログを5年間続け就職と同時に卒業。 30代に入り副業でWEBライターを始める。 記事を書くことの楽しさを思い出し2017年に当ブログを立ち上げてブログ界にカムバック。 座右の銘は「人生とは暇つぶし」